ジスロマックで性感染症治療

性感染症は、コンドームをきちんと着用すれば予防できますが、万が一感染してしまった場合は治療が必要です。ジスロマックは細菌による性感染症に効果的な薬です。当サイトでは、効果や服用方法など紹介していますので、参考にしてみてください。

ジスロマックは頻尿の副作用が低確率で起こることがある

ジスロマックは抗生物質ですが、大人のみならず、小児にも処方される薬です。
風邪を始めとして、歯周病や肺炎・性病など、実に様々な病気に有効な薬です。
小児用ジスロマックは、錠剤もありますが、一般的に細粒タイプが多く処方され、気管支炎などの呼吸器感染症の治療に用いられます。
多くの細菌に有効なので、呼吸器科の他にも、耳鼻科や内科でも使われます。
病原となる微生物の増殖を抑制する働きがあり、二次感染の予防にも有効です。
また、ジスロマックは、性病の中でも、クラミジアに効果的な薬です。
クラミジアは、ほとんど自覚症状がないため、知らず知らずのうちに、パートナーにも感染させてしまい、いつの間にか重症化していることもあります。
女性の場合は、排尿時の痛みや頻尿・おりものの増加と言った症状が見られ、不妊症になったり、妊娠中に感染すると、流産や早産の原因になることもある病気です。
その他、膀胱炎にも有効な薬です。
膀胱炎にかかると、排尿時の痛みや頻尿・残尿感などの症状があらわれます。
診察の恥ずかしさから、病院に行くことをためらう人も多いものですが、正しい治療と服薬により、早期に完治することが出来ます。
ジスロマックは、良薬として広く知られている薬ですが、どの薬にも副作用はつきものです。
ジスロマックも、それほど高くない確率で、様々な副作用を起こすことがあります。
特に、腹部に関する副作用が起こる確率が高くなっています。
例えば、下痢や便秘・胃痛や頻尿などが挙げられます。
普段から下痢をしやすい人は、整腸剤を処方してもらいます。
最初は軽度の副作用でも、徐々に重度なものへと進行する確率もあるため、少しでも違和感を感じたら、薬剤師や医師に相談すると良いです。